回復期リハビリテーション病院である当院の代表あいさつ|江東リハビリテーション病院 看護部リクルートサイト

03-6880-1555 受付時間 9:00~17:00

MAIL MENU

代表あいさつREPRESENTATIVE GREETINGS

  • TOP
  • 病院の魅力
  • 代表あいさつ

江東リハビリテーション病院 院長あいさつ

当院は、東京都の区東部、最大の回復期リハビリテーション病院です。回復期リハビリテーション病院の役割は、急性期医療と在宅をつなぎ、患者さんが住みなれた地域で、自分らしい暮らしを人生の最後まで続けられるようにしていただくことです。リハビリテーションの目指すところは、『身体的、精神的機能回復』、『社会生活への復帰』です。理学療法士、作業療法士、言語聴覚士はもとより、管理栄養士、薬剤師、歯科医師、介護福祉士が関わり、また社会福祉士がケアマネジャー、行政と橋渡しを行います。これらの職種が、チームとしてしっかり連携し、在宅復帰、社会復帰へ向け取り組んでいます。
看護師は、その中で医師と協力して患者さんの全身状態を管理し、しっかりリハビリテーションできる体調を整える役目があります。急性期を脱したものの、様々な併存疾患を持ち、重篤な状態に戻ってしまう患者さんが多くいます。その管理は急性期病院より楽なわけではありません。しかし、在宅へつなぐやりがいのある重要な仕事です。少子高齢化社会の中で、看護師の必要性はますます高まっています。当院は看護教育システムも整い、安心してスキルアップし、専門技術を身につけることができます。多くの新しいことに挑戦してください。ぜひ、皆さんと共に働けるようお待ちしています。

江東リハビリテーション病院 院長
梅北 信孝

江東リハビリテーション病院 看護部長あいさつ

回復期リハビリテーション病棟では、患者さんが疾患・障害を持ちながらも出来るだけ元の状態に近い生活を送れるよう入院時より多職種でカンファレンスを行い、暮らしの場へ戻れるようにチームとして関わります。
看護のやり甲斐は、急性期では生命に直結した看護を提供し、一日一日をやり遂げたという達成感を味わうかもしれませんが、回復期では1ヶ月~3ヶ月~6ヶ月と患者さんの経過を追っていく中で、少しずつ出来なかった事が出来るようになっていくことを一緒に喜べることです。リハビリで習得した「出来るADL」をいかに「しているADL」につなげるかは、1日3時間のリハビリ時間以外の21時間の看護師・看護補助者の関りで、退院後の患者さんの生活に大きく影響します。ただ、在宅に繋げるだけでなく、患者さんの様々なADLや家庭環境を踏まえ、患者さんが退院後に望む生活をご家族とともに考え、決定してもらい、何が課題であるかをチームで共有し、職種ごとに計画を立て、介入することが大切です。
入院時からチームで関り、その患者さんが退院されるとき、看護・介護・多職種との関りを振り返ることで、私たちは達成感を得ることが出来ます。
また、教育では、クリニカルラダー(回復期版)をもとに、e-ラーニングや院外研修で理解を深め、人としても成長できる看護師の育成に力を入れています。
一人一人の患者さんに向き合う看護、きれ目のない連携を目指していきたいと思っています。
是非、回復期看護に興味のある方は、病院見学を随時行っております。お気軽にお立ち寄りください。

江東リハビリテーション病院 看護部長
三澤 幸代

PAGETOP